京料理屋主人の“よもやま噺”

祇園でお茶屋の女将をしてた祖祖母(ひぃおばあちゃん)の頃からの“家伝の料理”なんかのおはなし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おせち お献立   叩き牛蒡 実山椒の香り

 わが家の“ごんぼのなます”は香りと歯ごたえが鮮烈です。

ごんぼはあんまり綺麗に洗うたら怒られる。

ごんぼの香りが損なわれるさかいや。

たわしでサッと泥を落とすだけ。

湯がくのも殺菌程度に湯に通すだけ。 

火ぃ通しすぎたら歯ごたえがなくなるさかい。

極上のお出汁と京都三条の“村山造酢”さんとこの“千鳥酢”で作った三杯酢に漬け込んで、仕上げに鞍馬の実山椒でキュッとお味を引き締めます。

おせち料理の詳細はこちらです
スポンサーサイト

テーマ:★おせち★ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rajya.blog111.fc2.com/tb.php/29-cceed9eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。