京料理屋主人の“よもやま噺”

祇園でお茶屋の女将をしてた祖祖母(ひぃおばあちゃん)の頃からの“家伝の料理”なんかのおはなし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おせち お献立   ニシンの艶煮

昔は海から遠い京では、お魚言うたら塩漬けもんか、干物ぐらいしか無かった。

まぁ、生命力の強い“ハモ”だけは活きたまま手に入ったそうです。

そやからハモ料理が京の名物料理になったんやと思います。

北海道から北前船ではるばる運ばれて来たカチカチのニシンを番茶で戻してたそうですけど、今は柔らかい干物でっさかい、ずいぶん楽になってます。

柔こう戻した肉厚のニシンをお醤油とお砂糖でしっとり炊いて、仕上げに味醂で照りを付けたら、しっとり、ほの甘いニシン艶煮の出来上がり。

おせち料理の詳細はこちらです
スポンサーサイト

テーマ:★おせち★ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rajya.blog111.fc2.com/tb.php/22-7d9c422f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。