京料理屋主人の“よもやま噺”

祇園でお茶屋の女将をしてた祖祖母(ひぃおばあちゃん)の頃からの“家伝の料理”なんかのおはなし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋刀魚昆布締め 雪花菜(きらず)和え 柚の香り  

脂の乗ったサンマは美味い。
そのサンマを薄塩でしめて、そのままキズシで食べても美味しいのを、雪花菜(おから、卯の花)で和える。

おからは京の名工に選ばれた“久保田豆腐店”のおから。
豊かなお豆さんの香りときめ細かなしっとりとした舌触りは絶品です。

そんなおからを極上出汁と千鳥酢で甘酸っぱく炊き上げ、仕上げには京の西山、愛宕山麓、水尾の里の柚で風味付けします。

秋の名残のサンマと京の逸品との協奏曲です。

スポンサーサイト

テーマ:★おせち★ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rajya.blog111.fc2.com/tb.php/14-0fb3a808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。