京料理屋主人の“よもやま噺”

祇園でお茶屋の女将をしてた祖祖母(ひぃおばあちゃん)の頃からの“家伝の料理”なんかのおはなし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘鯛 柚の香り焼

淡白な中に上品な旨味、香りのあるこのお魚は京料理には欠かせません。

若狭から一塩もんを酒焼した“若狭焼き”。パリッとした皮とウロコが美味。

寒うなってきたら“酒蒸”で熱燗ちゅうのはもう、酒飲みにはうっとり、天国です。

最近、お店で好評なのが“甘鯛の唐揚”。高温でサッと揚げてポン酢でお召上がりいただくのが人気です。

けど、時間が経っても美味しいのは、やっぱり“幽庵焼き”です。

たっぷりのお酒と柚をふんだんに使って漬け込んでから焼き上げた、この焼き物は京のお料理の代表格の一つやと思います。
スポンサーサイト

テーマ:★おせち★ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rajya.blog111.fc2.com/tb.php/11-22d96975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。